次代のホープ(五十音順)

氏名 略歴・作品一首
伊神華子 昭和35年生。平成20年入会。
湿原をしずかに照らす星月夜モウセンゴケの赤き葉灯る
石井和子 平成15年頃入会。第39回全国大会佳作。
「アバター」の仮想世界に入り込み浮かぶ岩にて暮しておりぬ
太田典子 2008年3月入会。
萩揺るるたそがれどきは迷い時帰りゆきたしちちははの家
加藤あけみ 2010年入会。
蓋をして金時豆を蒸らす時間(とき)かそけき音して秋が近づく
雲嶋聆 2012年入会。
俤を流るる風にたづねまし ため息まじりの秋の夕暮
三枝貞代 2010年再入会。
買取りの価格は十冊三百円。われの指紋も記憶したまま
清水美織 2010年11月入会。
果実らの秘めたる朝(あした)ひしひしと あやういまでの青き肉叢(ししむら)
竹内香織 2005年入会。
友情の言葉の意味に迷うときソーダの泡がピチピチはじく
日比野和美 2005年入会。
無主の地のありてもよろし時雨降る島影彼方にけぶりてあらむ
藤原良永 2010年入会。それまでは自分のホームページで俳句や写真などとともに短歌を発表していました。入会以後、詠歌にも力を入れて取り組んでいます。
秋暮れて暖かき日に緩やかに雲の流れて高き青空
水野直美 平成19年入会。平成15年歌会始入選。
病葉を踏みていずこの山越ゆる八百比丘尼とや平成の世を
もりき萌 平成2年入会
少しずつ指先透けていくわれは近頃住民税払わず

ページのトップへ戻る